toggle
2019-08-21

ダウンドッグの手のひらパーは選択で決めよう。

ヨガはいろいろな流派があって、新しいヨガもたくさん出来ているのに
ダウンドッグの誘導では「手のひらパー→手でマット押して」
というフレーズが、今だに多いことにびっくりする。

ヨガは4千年の歴史があると言われているけれど、この誘導は約20年前にアメリカが創ったプログラムに準じているところが大きいと思う。

一般のグループレッスンで一斉に「手のひらパーッ!」そして「肩甲骨を外側に開くために上腕をまわす!」って、かなり部分だけに負担をかける動きだと思いませんか?

マットに手をつくと同時に手のひらをパーにすると、指、腕全体から肩関節、僧帽筋や首の筋肉にも力が入って、胸郭は固まり、動きをそして呼吸を制限してしまいます。
手のひらをマットに着く前から、指をひらいてバンッと着くのがクセになっている人もよく見かけますが、手首をついて指をひらく筋肉は前腕にあるので、腕に力が入るのは当然ですね。

何度もダウンドッグを繰り返すと、筋力の弱い女性は特に、肩関節や腕にかかる負担が増えて手首が痛くなっている人も多いし

腕で不自然なカーブを作り、それをキープしている事に気づいていない人もいます。

反対に筋力が強い男性などは腕だけで軽々とカラダを支え、軸骨格から全身への連動に無頓着な人が多いのも、もったいない。

ダウンドッグの目的は「とにかく腕や首の筋肉を鍛えることだ!」と、自分の考えをしっかり持って取り組むならいいけれど、
なにも考えずに、インストラクターの誘導のままやっている人は考えてみてほしい。

YOGA BASE LABのヨガでは、結果で手のひらをパーにすることはあっても
動く前からそうする事はありません。


なぜならわたしの場合は、ヨガは呼吸法でもあると考えているので

ダウンドッグは胴体(胸郭)が呼吸しやすい状態で、動いていきたいのです。


そのためにカラダのどこから、どの順番で動いていくと動きやすいかを、実験して検証して自分のための動きを創っています。


痛い、苦しい、でもできないのは「自分の努力がまだ足りないからだ!」と思って続けている人にも

プラクティスの一つとして


プロセスを変えてみることで起こる動きの違いを、自分のカラダで検証してみることをおすすめします。

すべての人がありのままでヨガを楽しめますように。

YOGA BASE LAB あつこ

SNSシェア
関連記事